スキンケア情報探求ルポ

スキンケアや化粧品をはじめ、美容・健康に関するニュースを発信しています。

スキンケアをする女性

化粧品

新しい化粧品の効果を見極めるポイント

2016/06/28

季節ごとに新商品が続々と誕生する化粧品業界。
見た目もかわいく、キャッチコピーも魅力的な新商品には、目移りしてしまいますね。

ただし、スキンケア化粧品の目的は美肌作り。
次々と化粧品を変えて
いては、自分の肌もビックリして、せっかくの効果も実感できずじまいになることも。

化粧品の効果が得られないのは、そんな自分のスキンケア化粧品の使用サイクルにあるのかもしれません。
効果がない化粧品と見切りをつけてしまう前に…。

化粧品の効果を見極める期間やポイントなどをしっかりおさえておきましょう!

新しい化粧品を試すのに最適な時期とは

肌の状態は、毎日同じではないのをご存じですか?

肌にはターンオーバーと呼ばれる周期があります。また女性の場合、女性ホルモンバランスの周期によっても肌状態に影響が出ます。

美容院に行っても、生理中はカラーリング剤がキレイに髪に入りにくいと言いますよね。ホルモンバランスは、肌状態とも密接に関係しているのです。

女性の場合、肌の調子が良いのは、生理が始まってからの2週間。つまり生理開始から排卵日あたりまでです。
生理の周期には個人差がありますが、排卵日までは、エストロゲンという女性ホルモンの影響で、肌の新陳代謝は活性化し、肌の水分保持量もアップします。
ハリのある健康的な肌状態になりやすいのは、この期間です。

一方、排卵日を境に、今度はプロゲステロンという女性ホルモンの影響力が高くなり、肌状態は急降下。しだいに不安定な状態へと落ちていくのです。

ニキビや吹き出物が出来たり、メラニン色素が沈着しやすく、シミが出来やすくなったりするのは、排卵日以降次の生理が来るまでの期間なのですね。

特に、生理前は、素肌力は最弱に…。肌本来のバリア機能もターンオーバー機能も低下して、最も肌荒れを起こしやすい要注意な期間です。

新しい化粧品を使用して、肌荒れが出た!と化粧品の影響と決めつけるのはまだ早いかも。もしかしたら、自分自身の肌のサイクルのせいかもしれませんよ。

新商品にトライするのは、最も肌が健やかな生理直後からスタートするのがベストタイミングです。

新しい化粧品の効果を見極める時期

新しい化粧品の効果が出ない。合わなかったのかも…。
その化粧品は本当に効いていないのでしょうか?そもそも即効性が期待できるのでしょうか?

肌を健やかな状態に保つための機能、肌のターンオーバーの周期は28日と言われています。
ですから新しい化粧品を使用してみたら、まずは28日間は使用してみましょう。

肌状態は、ホルモンバランスの影響も大きいので、使用して数日で効果を見極めたりは早計です。

スキンケア化粧品の中でも、保湿ケアや角質ケアに特化した化粧品は、比較的早めの効果実感が期待できますが、アンチエイジング効果や美白効果をもたらすタイプの化粧品は、せめて肌のターンオーバーが1サイクルする28日間、通常は3か月程度使用してから効果を判断すると無難です。

よくある1週間トライアルなどは、肌荒れを起こさないか、使用感など肌に危険性がないか、使い続けられる使い心地をみてみるためにあります。

化粧品ジプシーにならないために

化粧品の効果を正しく見極めるためにも、新しい化粧品を使い始めたら、1か月は使用してみることをおすすめします。

特に美白化粧品やアンチエイジング化粧品は、3ヶ月~半年ぐらい使用を続けてようやく効果があらわれるという性質の化粧品なので、すぐに効果がないからといっても焦らずに!

ただし、使用後すぐにヒリヒリする・赤く腫れるなど肌荒れの症状があるときには、すぐに使用をストップしてくださいね。効果以前に肌との相性が合っていない化粧品の使用を続けるのは危険です。

-化粧品